×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×日々の鍛練

久しぶりに筆を持つ
腕から肩にかけて変な力が入ってしまいいけない
新しい筆は軽くて、紙との関係がまだつかめない

久しぶりの緊張感が心地よい

あぁまた振り出しに戻るだ
日々の鍛練なくして新しい視野は開けない

む~ん
スポンサーサイト

×阿修羅展

先日、東京国立博物館で開催の阿修羅展を見に行きました。
雨天にもかかわらず、ものすごい人人人・・・みんなそんなに阿修羅が好きっだたの?阿修羅フィーバー!アイドル並みの大人気ぶりに驚きました。

阿修羅の展示空間はいろいろな意味で凄かった。阿修羅の周りを人が取り囲み、ゆっくり、ゆっくり渦巻いて・・・その光景はなんと表したらよいのか、なんとも不思議かつ異様な地場が生じていて・・・なぜだかとってもユーモラス。これには妙な高揚感を覚えました。私も、しばらく遠巻きに眺めたあと、それ突撃ー!というわけで阿修羅にがぶり寄りの列に参戦。むむむ、苦しい・・・辛抱辛抱。しかしさすがに年配の方々には厳しい鑑賞法。側にいた老夫婦が「生き地獄だよ・・・」とポツリ。心の中で相づちを打ちながら、阿修羅を眺める。はじめて目にする阿修羅は美しく、見ているのになんだか遠くにあるようで、もっともっと眺めていたかった。折角ガラスケース越しではなく360度間近に鑑賞できる素晴らしい環境が用意されているのに、一周しか側で見られないとは残念。時間と人数を区切って、せめて空間だけでもゆったりと鑑賞できるスタイルならよかったな・・・。
多少の不満はありましたが、本命の阿修羅以外の仏像彫刻群~十大弟子像、八部衆像、四天王像~も素晴らしく、なかなか見応えのある展覧会でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。