×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×本『孟嘗君』宮城谷昌光

孟嘗君〈1〉 (講談社文庫)孟嘗君〈1〉 (講談社文庫)
(1998/09)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る

★★★★☆

NHK教育テレビ知るを楽しむ この人この世界~孟嘗君と戦国時代』をみて、その内容とひょうひょうとした感じの宮城谷氏本人に興味を持ち、読んでみました。(番組は2回くらいしかみることができませんでしたが)

とても面白かったです。
今の自分の気分にも合っていたのか、全5巻一気に読んでしまいました。

中国の戦国時代、人名などなかなか覚えきれない難しい漢字もありますが、文章はとても読みやすく、心地よいリズムで読み進めることができました。
中国の歴史に題材をとっているものの、日本人である作家・宮城谷氏の目、美意識、思想、感性といったものが自然と感じられました。

登場人物たちがいずれも魅力的で、主人公を含め、この時代の傑出した人物たちが大勢でてきます。
小説なので史実にどのくらい忠実であるのかはわかりませんが、ここに登場する人物、中国史や儒教、諸子百家、東洋思想など・・・もっと深く知りたい。心をかき立てられます。

人としてどうあるべきか、またどうありたいのか、どのように生きていくべきなのか、生きていきたいのか、仁と義を重んじ、人々のために自らをなげうってこそ、人がいるからこそ、人と共にあるからこそ人生は幸福になる。。。

「文どの、人生はたやすいな」「そうでしょうか」「そうよ……。人を助ければ、自分が助かる。それだけのことだ。わしは文どのを助けたおかげで、こういう生きかたができた。礼を言わねばならぬ」「文こそ、父上に、その数十倍の礼を申さねばなりません」「いや、そうではない。助けてくれた人に礼をいうより、助けてあげた人に礼をいうものだ。文どのにいいたかったのはそれよ」(『孟嘗君』第5巻 函谷関より)

心に響く数々の台詞やシーンに心が熱くなります。
静かな情熱が残りました。

もう一度読みたい本です。
スポンサーサイト

×マカロン

お友達にいただきました。
ハート形のマカロンです。
はじめてマカロンを食べたのですが、こんなに美味しいとは!
これはフランボワーズとチョコレートのマカロンです。フランボワーズの酸味と濃厚なチョコレートの相性が素晴らしいです。外側はサクッとしていて食感もとてもよく、上品な一品です。
テーブルウェアフェスティバルで購入した漆器に盛っていただきました。
和の蔦模様が、ちょっとアールヌーヴォー風。

ハート形マカロンは期間限定です。お早めに。

エム・ワン・カフェ
http://www.m-onecafe.jp/

×節分

今日は節分です。
暗闇に向かって力一杯豆をまき、家の中には福の神様お願いしますと気持ちを込めて豆をまきました。
そして歳の分だけのお豆と、3年ほど前からブームにのっかって食べている太巻きをいただきました。
年々食べる豆の数が増して、ちょっと胸焼け・・・。
今年は柊と鰯は忘れてしまいました・・・。

ところで節分とはどういう意味を持つ行事なのでしょう?
早速、Wikipediaで調べてみました。
ざっくりいうと、季節の変わり目、季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。つまりは年に4回あるわけですが、特に2月のこの立春の前日を近年では「節分」と呼んで定着しています。
また、この時期に行われる行事は、季節の変わり目に生じると言われている邪気(鬼)を追っ払っているのだそうです。

そして豆まきですが、もともとは中国から伝わった風習のようです。
私は関東人で当然のように炒った大豆をまいていましたが、宮崎の友人は殻つきのピーナツ(!)をまくのだとか。北海道や東北なども同じくピーナツ派らしいのですが、まいた後の豆の回収が断然楽よ~とのこと。
また豆まきのお馴染みのかけ声「鬼は外~、福は内~」にも地域性があるようです。
きりがないのですが調べていくと面白いです。

最後に、よく紹介されている豆知識を。

『鬼は何故角が生えていて、寅(虎)のパンツをはいているのか?』

陰陽道で鬼の出入りする方角、つまり鬼門である北東が、方位や時間をあらわす十二支では丑と寅の間「艮(うしとら)」にあたるため、そのような図像になったのだといわれています。
Wikipediaではちなみに、「牛の角と体、虎の牙と爪を持ち、虎の皮を身に付けているとされた。表面上のこの姿は、一般に平安時代に確立したものである。」とあります。
また、日本においてはそもそもは怨霊の類で目にみえない「おぬ(隠)」が転じて「おに」になったとか、初期の形では女の形であったとか。女の怨念が怨霊になって・・・「オニ」へと変化していったとか。このあたりのことも調べてみると面白いです。

皆さんご存じの「桃太郎」。鬼を退治する動物は、「申(猿)」「酉(雉)」「戌(犬)」。つまり「丑寅」の反対側である南西に位置する動物が鬼を撃退する…よくできていますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。