×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×本『精霊の守り人』上橋菜穂子

★★★★★

児童書・ファンタジーに分類される本作は、「守り人」シリーズ(全10冊)の第一冊目。
久しぶりにファンタジーを読みましたが、とても面白かったです。大人でも十分読み応えがあります。
2巻目以降、巻を重ねるごとに筆が冴えていくのがわかります。
個人的には2、3巻目の『水の守り人』『夢の守り人』が好きです。
むせるような香り、匂い立つような表現、触覚…肌がひやりとするような感覚…五感に響く抜群の描写力に感嘆。読んでいてとても気持ちがよく楽しかったです。
内容的には、現実世界の問題とさり気なくリンクしていて、色々考えさせられますが、あくまでも書いていて自然にそうなったという感じで嫌みはありません。単なるファンタジーにとどまらない奥深い作品。
一気に読めます。

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://waterfrognote.blog55.fc2.com/tb.php/19-303e2491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます[2010/09/02 17:10]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。