×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×節分

今日は節分です。
暗闇に向かって力一杯豆をまき、家の中には福の神様お願いしますと気持ちを込めて豆をまきました。
そして歳の分だけのお豆と、3年ほど前からブームにのっかって食べている太巻きをいただきました。
年々食べる豆の数が増して、ちょっと胸焼け・・・。
今年は柊と鰯は忘れてしまいました・・・。

ところで節分とはどういう意味を持つ行事なのでしょう?
早速、Wikipediaで調べてみました。
ざっくりいうと、季節の変わり目、季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。つまりは年に4回あるわけですが、特に2月のこの立春の前日を近年では「節分」と呼んで定着しています。
また、この時期に行われる行事は、季節の変わり目に生じると言われている邪気(鬼)を追っ払っているのだそうです。

そして豆まきですが、もともとは中国から伝わった風習のようです。
私は関東人で当然のように炒った大豆をまいていましたが、宮崎の友人は殻つきのピーナツ(!)をまくのだとか。北海道や東北なども同じくピーナツ派らしいのですが、まいた後の豆の回収が断然楽よ~とのこと。
また豆まきのお馴染みのかけ声「鬼は外~、福は内~」にも地域性があるようです。
きりがないのですが調べていくと面白いです。

最後に、よく紹介されている豆知識を。

『鬼は何故角が生えていて、寅(虎)のパンツをはいているのか?』

陰陽道で鬼の出入りする方角、つまり鬼門である北東が、方位や時間をあらわす十二支では丑と寅の間「艮(うしとら)」にあたるため、そのような図像になったのだといわれています。
Wikipediaではちなみに、「牛の角と体、虎の牙と爪を持ち、虎の皮を身に付けているとされた。表面上のこの姿は、一般に平安時代に確立したものである。」とあります。
また、日本においてはそもそもは怨霊の類で目にみえない「おぬ(隠)」が転じて「おに」になったとか、初期の形では女の形であったとか。女の怨念が怨霊になって・・・「オニ」へと変化していったとか。このあたりのことも調べてみると面白いです。

皆さんご存じの「桃太郎」。鬼を退治する動物は、「申(猿)」「酉(雉)」「戌(犬)」。つまり「丑寅」の反対側である南西に位置する動物が鬼を撃退する…よくできていますね。

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://waterfrognote.blog55.fc2.com/tb.php/3-ac4b57d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。