×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×本『孟嘗君』宮城谷昌光

孟嘗君〈1〉 (講談社文庫)孟嘗君〈1〉 (講談社文庫)
(1998/09)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る

★★★★☆

NHK教育テレビ知るを楽しむ この人この世界~孟嘗君と戦国時代』をみて、その内容とひょうひょうとした感じの宮城谷氏本人に興味を持ち、読んでみました。(番組は2回くらいしかみることができませんでしたが)

とても面白かったです。
今の自分の気分にも合っていたのか、全5巻一気に読んでしまいました。

中国の戦国時代、人名などなかなか覚えきれない難しい漢字もありますが、文章はとても読みやすく、心地よいリズムで読み進めることができました。
中国の歴史に題材をとっているものの、日本人である作家・宮城谷氏の目、美意識、思想、感性といったものが自然と感じられました。

登場人物たちがいずれも魅力的で、主人公を含め、この時代の傑出した人物たちが大勢でてきます。
小説なので史実にどのくらい忠実であるのかはわかりませんが、ここに登場する人物、中国史や儒教、諸子百家、東洋思想など・・・もっと深く知りたい。心をかき立てられます。

人としてどうあるべきか、またどうありたいのか、どのように生きていくべきなのか、生きていきたいのか、仁と義を重んじ、人々のために自らをなげうってこそ、人がいるからこそ、人と共にあるからこそ人生は幸福になる。。。

「文どの、人生はたやすいな」「そうでしょうか」「そうよ……。人を助ければ、自分が助かる。それだけのことだ。わしは文どのを助けたおかげで、こういう生きかたができた。礼を言わねばならぬ」「文こそ、父上に、その数十倍の礼を申さねばなりません」「いや、そうではない。助けてくれた人に礼をいうより、助けてあげた人に礼をいうものだ。文どのにいいたかったのはそれよ」(『孟嘗君』第5巻 函谷関より)

心に響く数々の台詞やシーンに心が熱くなります。
静かな情熱が残りました。

もう一度読みたい本です。

コメント

No title

はじめまして。
otkと申します。
孟嘗君大好きなので、思わずコメントさせて頂きました。

>「文どの、人生はたやすいな……

やっぱり、この台詞記憶に残りますよね。
私がはじめて読んだのは高校生の時でしたが、
社会人になった今も、突然ふっと沸いてきます。
それで、「白圭さん、やっぱ人生容易くないっすよ」
と泣き言を言ってみたり。

完璧な白圭より、可愛らしい田文が好きでした。

by: otk * 2009.03.26 01:17 * URL [編集]

いい本を読むと嬉しくなります

otkさん、はじめまして。コメントありがとうございます。『孟嘗君』私も大好きになりました。目下、宮城谷作品を熱読中ですが、まだ孟嘗君が一番です。
> それで、「白圭さん、やっぱ人生容易くないっすよ」
> と泣き言を言ってみたり。
私も若輩ゆえ、なかなか・・・。人生の先輩方と話をしていると、図らずもこの白圭の台詞と同じ言葉を聞くことが多々あります。歳を重ねるにつれこの言葉は深い認識を持って心に染みてきます。いつの日かこのように言えるよう、日々精進の心です!

by: waterfrog * 2009.03.27 00:16 * URL [編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://waterfrognote.blog55.fc2.com/tb.php/5-7f0ca959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。